追蹤
-。星月の歌。-
關於部落格
   「 響くの歌声、嘆きの旋律よ 」  
  • 2596

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

──*歌詞。倉庫 ◎ 歌に形はないけれど

薄紅(うすべに)の時(とき)  (いろど)る花(はな)びら

ひらひら舞()  (ひかり)の中(なか)

(ぼく)  (わら)えたはず

 

(あざ)やかな日(ひび)

(ぼく)らが残(のこ)した

(すな)の城(しろ)  (なみ)に溶()けて

きっと  (ゆめ)が終()わる

 

()っ白(しろ)な世界(せかい)  ()を覚()ませば

()ばす腕(うで)  (なに)もつかめない

見上(みあ)げた空(そら)が近(ちか)くなるほどに

(ぼく)  (なに)を失(うしな)った?

 

()き通(とお)る波(なみ)

(うつ)る僕(ぼく)らの影(かげ)  (あお) (とお)

あの日()  (ぼく)  世界(せかい)を知()

それは  (ひかり)となった

 

(ぼく)は歌(うた)うよ

笑顔(えがお)をくれた君(きみ)  ()いてるとき

ほんの  (すこ)  だけでもいい

(きみ)  (ささ)えになりたい

 

(ぼく)が泣()いて  しまった日()

(きみ)  そうだったように

 

(ぼく)  ここに  (わす)れたもの

(すべ)て君(きみ)がくれた宝物(たからもの)

(かたち)  のない  ものだけが

(とき)の中(なか)  色褪(いろあ)せない  まま

 

()き通(とお)る波(なみ)

何度(なんど)  ()えてしまっても

(すな)の城(しろ)

(ぼく)  (きみ)  ()すだろう

そこに  (ひかり)を集(あつ)

 

(ぼく)は歌(うた)うよ

笑顔(えがお)  くれた君(きみ)  ()いてるとき

(たよ)  のない  (ぼく)だけれど

(きみ)  ことを守(まも)りたい

 

(とお)  (はな)れた  (きみ)のもとへ

この光(ひかり)

(そら)  ()えて  ()ばたいてゆく

そんな

相簿設定
標籤設定
相簿狀態